Works

WOWOW ノンフィクションW 「ブルーノート」の逆襲 〜名門ジャズ・レーベルの未来を託された男〜

名門ジャズ・レーベルが、世界的な音楽不況の中で今、黄金期を迎えている。その立役者である、社長ドン・ウォズのプロデュースワークに密着。

音楽哲学を堀り下げる。

2014年に創設75周年を迎えた老舗レーベルの社長、ドン・ウォズ。
ローリング・ストーンズ、リンゴ・スター、ボブ・ディランら多くの名だたるアーティストの音楽をプロデュースしてきた彼は、
1994年の最優秀プロデューサー賞受賞ほか数々のグラミー賞受賞作品を手掛けてきた名プロデューサー。
だが、いずれもジャズとは異なるポップス界での活躍だった。
そんな彼が「ブルーノート」の社長になり取り組んだのは、
「本物」と見込んだミュージシャンたちとともに、ジャンルや人種の壁を超えた、21世紀のジャズ。
伝説にあぐらをかくことなく、先鋭的で革命的な音楽の探求へと奮闘するドン・ウォズのプロデュースワークに密着し、
名門ジャズレーベル「ブルーノート」とその未来を託された男の音楽哲学を深堀りする。

D:大久保瑞穂 P: 松本裕子